交通違反の速度データ偽造、元警部補に有罪判決

 交通違反の取り締まり中に車の速度データを偽造したとして、虚偽有印公文書作成・同行使などの罪に問われた北海道警交通機動隊の元警部補でアルバイト従業員吉本潤被告(58)(恵庭市)に対し、札幌地裁は13日、懲役2年6月、執行猶予5年(求刑・懲役2年6月)の判決を言い渡した。

 中川正隆裁判長は量刑の理由について、「刑事司法に関わる信頼を損ない、社会的影響は大きい」などと述べた。

 起訴状によると、吉本被告は部下と共謀し、2019年8月から昨年5月にかけ、千歳市や留寿都村、浦臼町などで交通違反を取り締まった際、パトカー搭載のレーザー装置で測った10人分の速度データを偽造し、「速度測定結果記録紙」などでうその書類を上司に提出したとされる。10人には交通反則切符(青切符)が交付された。

関連記事(外部サイト)