他人のカード情報でアイコス120箱購入、詐欺容疑の男ら「たばこ買うアルバイト」

クイックペイ悪用でIQOS詐欺

 JCBが運営する電子決済サービス「クイックペイ」を悪用し、他人のカード情報で買い物をしたとして、警視庁は13日、東京都足立区花畑、調理師の男(42)ら中国籍の男2人を詐欺容疑などで逮捕したと発表した。東京、埼玉、千葉のコンビニなど約110店舗で昨年5〜10月、計約280万円分の商品が同様の手口で不正決済されており、関連を調べる。

 警視庁幹部によると、2人は昨年6〜7月、板橋区のコンビニ店で、他人名義のクレジットカード情報を登録したクイックペイで加熱式たばこ「アイコス」計120箱(計約6万円相当)などを購入し、だまし取った疑い。逮捕は12日。

 調べに対し、男らは「コロナ禍で仕事を失い、SNSでたばこを買うアルバイトに応募した」と供述している。

 3都県の店舗で悪用された情報は、いずれもJCBが発行する約100人分のクレジットカード情報で、警視庁は偽サイトを使った「フィッシング」などで盗み取られた可能性があるとみて調べている。

関連記事(外部サイト)