飛び降りで女子大生巻き添え死、男子生徒を書類送検…容疑者死亡のまま

 大阪市北区の商業施設「HEP(ヘップ) FIVE(ファイブ)」で昨年10月、屋上から高校2年の男子生徒(17)が飛び降り、路上にいた兵庫県加古川市の女子大学生(19)が巻き添えになって亡くなった事故で、大阪府警曽根崎署は13日、生徒を容疑者死亡のまま重過失致死容疑で書類送検した。

 発表では、生徒は昨年10月23日夕、施設屋上から飛び降り、歩いていた女子大学生に接触し、頭蓋内損傷で死亡させた疑い。署は自殺と断定したが、動機は特定できなかった。

 施設を所有する阪急阪神不動産は、屋上に通じる非常階段のドアの鍵を、災害時以外は関係者しか開けられない電子錠に交換した。今後、屋上に高さ2メートル以上の柵を設置する。

関連記事(外部サイト)