横浜にロープウェー、4月22日開業…華やかな夜景の一部に

横浜にロープウェー、4月22日開業…華やかな夜景の一部に

横浜にロープウェー 4月開業

横浜にロープウェー、4月22日開業…華やかな夜景の一部に

開業に向けて整備が進むロープウェー。支柱にはすでにゴンドラをつるすワイヤロープも架けられている(13日、横浜市で)

 横浜市は13日、JR桜木町駅前―新港ふ頭・運河パークの約630メートルを結ぶロープウェー「YOKOHAMA(ヨコハマ) AIR(エア) CABIN(キャビン)」が4月22日に開業すると発表した。高所からの景色を楽しめる臨港部の新たな交通手段だ。世界的に活躍する照明デザイナー石井幹子氏がゴンドラ外部の照明を監修しており、華やかな夜景の一部にもなる。

 運行する泉陽興業(大阪市)が約80億円をかけて整備を進めてきた。同社東京支社と市によると、ゴンドラは8人乗りで乗車時間は片道5分ほど。車いすにも対応する。営業は午前10時〜午後10時、料金は片道で大人(中学生以上)1000円、子供(3歳〜小学6年生)500円。初年度の利用は200万人以上と見込んでいる。

 36基のゴンドラはシルバーとダークグレーを基調とし、フレームの一部に様々な色に光るフィルム状のLED照明を取り付ける。今月下旬以降に試運転を行う予定。大観覧車「コスモクロック21」のチケットとのセット販売など周辺施設とのタイアップも計画されている。

関連記事(外部サイト)