工藤会トップに死刑求刑、市民襲撃4事件を指揮

工藤会のトップに死刑求刑

 市民が襲撃された4事件を指揮命令したとして、殺人罪や組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などに問われた特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)トップで総裁の野村悟(74)、ナンバー2で会長の田上不美夫(64)両被告の第60回公判が14日、福岡地裁(足立勉裁判長)であった。検察側は、野村被告に死刑、田上被告に無期懲役と罰金2000万円を求刑した。

 検察側は論告で、野村被告について「事件の意思決定を行った首謀者で、極刑をもって臨まなければ社会正義は実現できない」と主張。田上被告には「野村被告の決定に従って実行し、刑事責任は野村被告に次いで重い」とした。

 指定暴力団トップに対する死刑求刑は極めて異例。両被告は無罪を主張しており、3月11日に最終弁論があり、結審する予定。

 起訴状では、両被告は〈1〉元漁協組合長射殺(1998年)〈2〉福岡県警の元警部銃撃(2012年)〈3〉看護師刺傷(13年)〈4〉歯科医師刺傷(14年)――の各事件を組員らに指示して実行させたとしている。

 4事件はいずれも実行役らの実刑が確定。元漁協組合長射殺事件を除く3事件で、両被告の指揮命令が認定されている。

関連記事(外部サイト)