がん研、患者の同意得ず採血…140人分の同意書不明で臨床研究中止

がん研 患者の同意得ず採血

 がん研有明病院(東京都江東区)は14日、がん細胞由来の血液中の物質を調べる臨床研究で、患者の同意を得ずに採血していたと発表した。病院側は倫理指針に反するとして研究の中止を指示し、再発防止策をまとめた報告書を厚生労働相に提出した。

 同病院によると、研究は2018年7月から始まり、通常診療での採血に合わせ、研究のために採血していた。採血した256人のうち、140人分は採血前に研究への参加に関する同意を得られていなかったり、同意書が保管されていなかったりした。19年11月に医師から申告があり、判明した。

関連記事(外部サイト)