長谷川豊の”いつもの炎上”を芸としてどう咀嚼するか|やまもといちろうコラム

長谷川豊の”いつもの炎上”を芸としてどう咀嚼するか|やまもといちろうコラム

Photo by Pixabay

 山本一郎(やまもといちろう)です。

 先日、鳴かず飛ばずの投資先に「もう無理だと思うから、おたくの株売るよ」と通達しにいったら、公衆の面前で社長(48歳・男性)に号泣され、なんかホモカップルの修羅場みたいになりました。仕事がうまくいかないなんて普通にあることじゃん…。

 ところで、先日BLOGOSで長谷川豊さんが派手に炎上していました。ネタがネタだけに、定番炎上芸がだんだん先細りになりつつあった長谷川さんもテーマの高カロリーに引っ張られて、いろいろ反響があったようです。

 本丸の長谷川さんの記事はくだらないし読む価値無いのでリンクは貼りませんが、この件で反応した人たちの議論が面白いので陳列しておきます。やはり幾つになっても火事場見物は楽しいものです。

 私自身も、長谷川さんの意見は「理解はするけど賛同はしない」です。



 人工透析に関する議論は奥深いものであって、人工透析患者が医療費をかなり食ってしまう結果、もしも財政破綻でもして保険医療が止まるような社会保障の停止が行われたら真っ先に亡くなってしまう一群が人工透析患者も含まれる、というお話を以前「みんなの介護」でも書きました。

 ただ、長谷川さんが書くように「だから人工透析患者は死ね」という話と、「適正な医療保険の使われ方を模索するべき」という話とは別の議論です。自堕落が健康を害したので、ほかの人の払っている医療保険を使うのはけしからん、ただでさえ財源がないのに、という議論に観念的に同意する人はそれなりの割合いて、今回の長谷川さんの暴論にも少なくない人が同意している現状もあります。

 一方で、長谷川さんの意見というのは一種の優生学であり、人工透析を受けなければならないような慢性疾患を患っておられる方だけでなく、障害者、一定の課題を抱えた人々などもまた、そのような人間に医療費を使うなという議論に容易に発展していってしまいます。先天的であれ後天的であれ、またその事情がやむに得ない事情であったとしても、結果として健常な人よりも医療費を使ってしまう人たちに対するヘイトになるからです。

 長谷川さんの意見を政策にまで煮詰めた結果がナチスドイツの悪しき政策として語り継がれるT4作戦になります。

「医療政策面では課題はあるけれど、財政的に考えて患者全員を救うことができないので、優先順位をつけざるを得なくなる」ことと、「特定の症例を救うのに多額の費用が掛かるからその症例に対する保険適用をやめる」こととは、そもそも議論の方向性が違うわけです。

 やむを得ず、自己負担比率を上ざるを得なくなることは議論としてあり得ても、特定の病気の人、今回であれば人工透析の人を選択的に死ねと言ってしまうと、次々と死なせるべき病気が増えていくことになるわけです。それも、なぜその病気の人が死ななければならないかを勘案したとき、かかる医療費が高いということ以外の根拠が特にないので、難病であるほど、治療にお金がかかるほど、長谷川豊さんに「死ね」と言われることでしょう。

■社会保障改革の本来の姿

 医療費全体で言うならば、おおざっぱにいって75歳以上の後期高齢者が医療費の半分以上を現在で費消しています。そういう後期高齢者に年250万人がひしめく団塊の世代が突入する2024年以降は、医療費を抑制しないと社会保障が大変なことになるのは分かっています。もしも、長谷川豊流の「自堕落な人工透析患者は死ね」がまかり通るのであれば、今後膨大な医療費のかかる団塊の世代もみんな死ねという議論になりかねません。

 なぜ後期高齢者に医療費がかかるかというと、人間必ず遺伝や生活習慣に課題があって、どんなに本人が健康に気を付けていてもどこかしら具合が悪くなって、よほど運が良くないと本来は「何の病気もせずに老衰で眠るように死ぬ」なんてことはあり得ないわけです。怖ろしいし悲しいことだけど、ほとんどの人間は遺伝的にどこか不完全で、年を取るごとに生物は壊れるようにできている。それは、平均寿命が30代だったころは、そういう「遺伝子の完全性について試す」ほどの長寿が少なかったから、知られていなかっただけでしょう。

 そして、現在のようなご長寿当たり前の世界になる前は、ほんのつい最近まで、多産多死の社会構造だったわけです。それも、食糧事情が満足されるというよりは、抗生物質がいきわたるようになり、一時的に人類が細菌との戦いに勝利できたここ40年ぐらいの話です。私の子供のころは、定年は55歳で、それだってそのぐらいの年齢の人たちがたくさん亡くなっていたからこそ、病気との向き合い方もいまとは違う角度で真剣だったのだろうと思います。

 日本の国力が衰退局面に入って、若い労働力が減り始めている現在、医療負担の大きい病気のひとつである人工透析が30万人を超える状況で「どうにかしなければならない」という意見があるのは分かります。ただ、そういう病気に苦しんでいる人や支える家族を置いて「金がかかるから」とか「一部の患者は自堕落だから」などといって、日本人が日本人を見捨てるわけにはいかないでしょう。もう金もないので、いままでのように万全な支援を続けますとは言えなくなっても、できる限り支えあおう、苦しいことも分かち合おうという姿勢があって初めて社会保障改革なんだろうと思うんですけど、どうでしょうか。

「そういう議論を喚起したから長谷川豊は偉いのだ」という意見もありましたが、別に長谷川豊さんが暴論をネットで書かずとも、そういう社会保障のあるべき姿という議論はそこらじゅうにあります。やはり個人的には長谷川さんの書いていることの事実関係の間違いや、いままで積み上げられた議論を最低限押さえずに書いてしまうところは炎上するべくしてするんだろうな、と感じる次第です。

著者プロフィール

ブロガー/個人投資家

やまもといちろう

慶應義塾大学卒業。会社経営の傍ら、作家、ブロガーとしても活躍。著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数

公式サイト/

関連記事(外部サイト)