妄言連発の鳥越俊太郎が選ぶ「流行語大賞」とは何なのか

妄言連発の鳥越俊太郎が選ぶ「流行語大賞」とは何なのか

Photo by guzzphoto

「空いた口が塞がらない。僕は、最初から言っていたが、所詮、あの程度の人間なのである」

 この東国原英夫氏(59・注1)のツィートに頷いた人は多かった。「あの程度の人間」とは鳥越俊太郎氏(76)のことで、彼が東京都知事選を振り返って、

「選挙が終わったら“あ、終わった”と普通の生活に戻っていますよ。実は本気で勝てるとは思っていなかった」
「だって、選挙のずっと前から小池さんのパフォーマンスをテレビが追っかけていましたからね。(略)伏魔殿という(印象の)都議会と戦うか弱き女性というひとり芝居を見せられた。だから、もう決まってたんです」

 と発言したからだ(注2)。確かに当選した小池百合子都知事(64)、野党候補一本化のために席を譲らされた宇都宮健児氏(69)、鳥越氏のために必死で動いた選挙運動員、何より東京都民を愚弄している。

 鳥越氏は言葉が商売のジャーナリストにしては発言が軽く、無責任。過去の「バージンだと病気と思われるよ」と女子大生に迫ったとされる件などはまだ事実か確定してないが、他にも、

「まだちゃんとした公約とかはできてません」
「私は昭和15年生まれで、終戦(昭和20年)の時、20歳でした」
「(公約は)がん検診100%!」
「がんサバイバーへの大変な差別だ!」
「東京をカイヨー(変えよう)」
「週刊誌は事実じゃないことを書きます」
「ネットはしょせん裏社会」

 などなど。都知事選前後に限っても、かつて週刊誌とネットニュースの編集長を務め、がん保険のCMに出演し、安倍晋三首相(62)の病気を揶揄したことを棚に上げて言いたい放題。各方面から厳しい批判を浴びたのは周知の通り。

 かくしてジャーナリストとしてもタレントとしても使いようが無くなったよう思える鳥越氏だが、まだ仕事はある模様。毎年恒例、<ユーキャン新語・流行語大賞>への関与だ。

■偏向した選考

 ここ数年、鳥越氏は新語・流行語大賞の選考委員(注3)を務め、昨年は委員長となって選んだ大賞が<トリプルスリー>と<爆買い>。ノミネートのトップテンには、<アベ政治を許さない>に<SEALDs>を入れてきた。ちなみにその前年(2014年)の大賞は<集団的自衛権><ダメよ〜ダメダメ>……。

 毎年のように、「聞いたことがない言葉」「どこで流行っていた?」「選考が偏向しすぎ」「サヨク流行語大賞にしろ!」(注4)と激しく批判される新語・流行語大賞。これを2016年も数々の迷言、妄言、珍言を残した鳥越氏が選ぶとしたら、ある意味見もの。主催者は良識を見せて鳥越氏を外したりせず、選考委員の要として欲しい。

 そこで自らの発言を選出。反省してみせる度量があれば、地の底まで落ちた鳥越氏への信頼も多少は取り戻せるかも知れない——が、難しいだろう。自分に甘く他人に厳しく、勉強不足を恥じもしない。現実を受け止めずに、言いわけだらけ。それが我々が見せつけられた鳥越俊太郎氏だったから。

「所詮、あの程度の人間なのである」(東国原英夫・引用2度目)

(注1) 東国原英夫…元宮崎県知事。別名そのまんま東。
(注2) 発言した…『週刊女性』(主婦と生活社)の記事中。
(注3) 選考委員…他には姜尚中氏(66)、やくみつる氏(57)ら。
(注4) サヨク流行語…毎回、「政治的に中立」と主催者は言うが、信じる者はいない。

著者プロフィール

コンテンツプロデューサー

田中ねぃ

東京都出身。早大卒後、新潮社入社。『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中?ダスティ”ねぃ

関連記事(外部サイト)