【少女像】10億円返せば解決?居直りの韓国が陥る”国際的な孤立”

【慰安婦問題】韓国が日韓合意を履行せず 米や中国との関係も冷え韓国は国際的孤立も

記事まとめ

  • 釜山の慰安婦像設置に対する日本側の対抗措置に韓国の野党代表は激怒
  • 日韓合意に深く関与した米国の面子を潰したことは明白で中国とも冷え切っているという
  • 「国際的常識を守るより、党派間争いの方を重要視する悪しき伝統」と韓国通記者は話す

【少女像】10億円返せば解決?居直りの韓国が陥る”国際的な孤立”

【少女像】10億円返せば解決?居直りの韓国が陥る”国際的な孤立”

国際的な孤立を深める韓国(首都・ソウル)

 よくある「万引きGメンに密着」といったドキュメント番組。捕まった万引き犯の言いワケにもいろいろあって興味深いが、最もみっともないのは

「(盗んだ)商品の代金を払うよ。それでいい(罪に問われない)だろう!」

 というタイプ。 

 レジを通さずに商品を店外に持ち出した時点で、万引きは成立。商品代金を支払ったところでチャラになるものではない。

 韓国の野党<共に民主党>のウ・サンホ院内代表は、釜山の慰安婦像(注1)設置に対する日本側の対抗措置(注2)に激怒。2015年末の日韓合意によって日本が支払済みの10億円を、

「韓国国民が屈辱を感じる資金。(略)日本へ返してしまえ!」

 と発言したのだ。

 言うまでもなく日本側は、「国家間で正式に合意した事項を履行せよ」と求めているだけ。10億円を戻そうと戻すまいと、合意事項が破棄されることは無い。

 日本からの思わぬ反撃(注3)を受けて以来、韓国は明らかに動揺。支離滅裂な珍発言(注4)が、連日メディアに踊っている。

「韓国政府に言うな。日本は(慰安婦像を設置した)市民団体と話し合え」
「(日本などの)やっかいな隣国と生きて行くには、(略)堂々と」
「歴史と外交を結びつける日本の攻勢は危険だ」

 前述の10億円発言も含めて、まさに<おまいう>(お前が言うな)であり、自らを省みる冷静さも、自国の統治能力も、まともな国際感覚もお持ちで無いように見受けられる。そして、そう思っているのは日本だけではない。

■中国も!アメリカも!

 まず日韓合意に深く関与した米国。珍しく日本が強気に出られたのも米国というジャッジがいたから。合意条件を守っている日本と守る気が無い韓国では、どちらが米国のメンツを潰したかは明白だろう。今回とは関係ないが、韓国が強く再締結を求める米韓通貨スワップ(2010年に終了)に対しても米国は気乗り薄で、かわし続けている。

 そして長く韓国の宗主国だった中国。パク・クネ政権が反日・反米に舵を切ったのも、<中国頼み>が根底にあった。その中国経済が陰り、米国の求めを拒否できずにTHAAD(高高度防衛ミサイル)の在韓米軍への配備(注5)を決めたことで、両国間は冷めきっている。中国の外交部副局長が訪韓した際に、

「THAAD配備の際には、断交に匹敵する処置を(韓国は)覚悟しなければならない」
「小国(韓国)が大国(中国)の言うことに耳を貸さない(とは)」

 と言い放った、と韓国では報じられている(注6)。

 米国に恥をかかせ、中国の恫喝(これも理不尽だが)を受け、どうせ折れてくると見くびった日本にも手痛い一撃をくらった。いま、韓国が孤立して窮地に陥っていることは明白だ。

「韓国内には、<まず日本との関係改善のために譲歩(注7)すべき>という考えの人もいます。しかし次期大統領選を睨んで、大衆迎合的な極論を言う政治家や市民団体の暗躍が勝ってしまう。国際的な立場や常識を守るより、党派間の争いの方を重要視してしまうのが、悪しき伝統です」(韓国通ジャーナリスト)

 居直りは事態をさらに悪化させる。小さな悪事でも、国の舵取りでも。

(注1)慰安婦像…最近、日本のメディアでも<少女像>と呼ぶ妙な動きが広まっているが、慰安婦像と呼ぶべき。
(注2)対抗措置…駐韓大使と(釜山)総領事の一時帰国。日韓通貨スワップ再開協議や日韓ハイレベル経済協議の中断など。
(注3)思わぬ反撃…これまで、どんな理不尽も無理難題も日本側が折れてきただけに、反撃されるのに慣れてない。
(注4)珍発言…ソースの怪しいものも多い。
(注5)在韓米軍への配備…米国が中国を牽制するため。
(注6)中国高官の発言…中国政府は事実かどうか認めていない。
(注7)譲歩… 譲歩というか、単に約束を守ればいいだけなのだが……。

著者プロフィール

コンテンツプロデューサー

田中ねぃ

東京都出身。早大卒後、新潮社入社。『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中?ダスティ”ねぃ

関連記事(外部サイト)