紗栄子の上昇志向が止まらない?千葉ロッテの買収が現実味

紗栄子の上昇志向が止まらない?千葉ロッテの買収が現実味

買収が噂される千葉ロッテの本拠地ZOZOマリンスタジアム

 先週までアレコレ言われていたと思ったら、今度はホメられた。

 モデル・女優(?)の紗栄子(30)が、今年2月に古着専門のオンラインショップ<ZOZOUSEDフリーマーケット>に私物を出品。今回、売上げのほぼ全額4,556,400円を、児童養護施設(注1)に寄付する意向を明らかにしたからだ。

 しかも、

「金額をそのままお渡しするのではなく、(略)<現場に必要なものを実際に足を運び見極めて、形に変えて寄付する活動>として、(略)安全な自転車を選ばせていただきました」(紗栄子)

 という細やかな心遣いで、SNSを中心に絶賛されている。むろん今回の行動は誉められて当然なのだが、激しい批判を浴びることが多かった紗栄子だけに、毀誉褒貶のふり幅の大きさには戸惑わされる。

 それもこれも紗栄子の言動が、いちいち派手だからか……。特に有名人・セレブを渡り歩いた男性関係のきらびやかさが、羨望と嫉妬を集めているのだろう。プロ野球選手(現在はメジャーリーガー)のダルビッシュ有との<交際三か月・妊娠三か月>婚に始まり、ダルとの離婚後(注2)も共演者や音楽プロデューサーなど、有名人かつお金持ちとの浮名が絶えることが無かった。

 そして現在の紗栄子の彼氏が、ファッション通販サイト<ZOZOTOWN>を運営するスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(41)なのは周知の通り。冒頭の「先週までアレコレ」とは、前澤氏がニューヨークのオークションで画家バスキアの作品を過去最高額(注3)となる1億1050万ドル(約123億円)で落札したことに起因する。彼らにすれば余計なお世話だが、紗栄子も含めた二人の<成金アピール>への警鐘を鳴らす声が多かったのだ。

 しかし、これだけでは終わらない……。

■巨額マネーでプロ球団と”あの選手”を獲得か?

 総資産2800億円と言われる前澤氏は、バスキア落札でも分かるように美術の愛好家。そして、さらに愛して止まないのが地元・千葉だ。スタートトゥデイ本社は千葉県の幕張にあり、事あるごとに「地元に貢献したい」と語っている。そんな前澤氏だけに、地元球団にも頼りにされているようで――。

「前澤さんは既にマリンスタジアム(千葉県・幕張)の命名権を取得。昨年末から<ZOZOマリンスタジアム>になってますが、千葉ロッテ・マリーンズの球団オーナーであるロッテがゴタゴタしている(注4)ため、球団そのものも買い取ってもらえないか?という交渉が続いています」(スポーツ紙記者)

 候補は他にも何社かあるようだが、<千葉スタートトゥデイ・マリーンズ>か<千葉ZOZO・マリーンズ>誕生の可能性が出てきた。同じネット企業のDeNAが、横浜ベイスターズ買収に費やしたのが約65億円。ロッテならさらにお買い得価格かも知れない(注5)が、どちらにしろバスキア作品に比べれば安いもの。

 現在、低迷中のマリーンズの選手やファンにしてみれば、新進気鋭の経営者による立て直しを期待したいだろう。前述したチャリティもしっかり自分のサイトでやらせた前澤氏だけに、マリーンズにも紗栄子を絡めたアピールをして来るかもしれない。

「紗栄子がオーナー夫人となり、メジャーから帰ってきたダルビッシュを獲得したら、色んな話題にはなりますよね。かなり悪趣味ですが……」(前出・記者)

 かつての夫を、現在の夫がオーナーの球団で使ったとしたら。今度はまた、非難が殺到しそうだ――と勝手な想像は拡がるが、まずは何より紗栄子が前澤氏から末永く愛されることをお祈りします。バスキアよりも、千葉よりも。

(注1)児童養護施設…<赤十字子供の家><日本赤十字社医療センター付属乳児院>など。
(注2)ダルとの離婚後…二人の子供へ月200万円の養育費が、ダルから支払われている。
(注3)過去最高額…米国人(バスキアはハイチ系)芸術家の作品として。予想落札価格は6000万ドルだった。
(注4)ロッテがゴタゴタ…ロッテホールディングスは、経営権を巡ってオーナーの重光一族が骨肉の争いを展開中。マリーンズの球団オーナー代行の重光昭夫氏は、朴槿恵前大統領への贈賄罪で韓国の検察に起訴されている。
(注5)お買い得…年間赤字は20億円程度。

著者プロフィール

コンテンツプロデューサー

田中ねぃ

東京都出身。早大卒後、新潮社入社。『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中?ダスティ”ねぃ

関連記事(外部サイト)