百田尚樹が「ジュゴンは基地反対派に殺された可能性」とフェイクに加担! 過去にも「反対派が女児暴行」デマを拡散

百田尚樹が「ジュゴンは基地反対派に殺された可能性」とフェイクに加担! 過去にも「反対派が女児暴行」デマを拡散

百田尚樹氏のツイート(3月21日)

 沖縄県今帰仁村の運天漁港の防波堤付近で死んでいるのが発見されたジュゴンをめぐって、また、あの人のフェイクニュース加担があらわになった。

 ジュゴンは、日本では沖縄本島周辺だけで確認されている国の天然記念物で、環境省のレッドリストでもっとも絶滅の危機度が高い絶滅危惧IA類(CR)に指定に指定されている。2007年には、現在、新基地建設工事が進められている大浦湾の沖合で親子とみられる2頭のジュゴンの姿が撮影され、大きな話題に。同年、沖縄出身のミュージシャン・Coccoが「大浦湾に帰ってきた2頭のジュゴンに捧げます。ありがとう」というメッセージとともに沖縄限定シングル「ジュゴンの見える丘」を発表したことでも有名だ。

 今回、このとき確認された親子ジュゴンの母親ジュゴンの死亡が確認され、海に浮かんだ亡骸の写真に多くの人が「残念」と哀悼の意を表していた。ところが、そんななか、百田尚樹氏がこんな投稿をおこなったのだ。

〈沖縄のジュゴンが1匹死んだらしい。そら、いつか死ぬやろ〉

 この投稿に非難の声があがると、百田氏はさらにこう投稿した。

〈どんな可能性もある。基地反対派に殺された可能性もある。どんな可能性があったとしても、生物はすべていつか死ぬ〉

 基地反対派がジュゴンを殺した可能性もある──。一体、百田氏は何の根拠があってそんなことを言いだしたのか。百田氏はその後も「基地反対派が殺した可能性」の根拠について何も示していないが、じつはネトウヨの間で、まったく同じようなデマが流れていた。20日に、ネトウヨまとめサイトの「あじあにゅーす2ちゃんねる」が「沖縄で死んだジュゴン、パヨクに撲殺されていた事が判明!!!」という記事を配信。それが拡散しているのだ。

 このまとめ記事は「沖縄で死んだジュゴンに深い傷と出血 死因は頭部外傷か」という2ちゃんねるのスレッドを元ネタにしたもので、〈パヨク ついに ライン 超えたな〉〈反対派の船のスクリューに……〉〈なんか刺したような跡あるよね〉〈ひでえなパヨクは〉という決め付けの投稿も掲載されている。

 だが、これは完全にデマである。そもそもスレッドの最初に貼り付けられている琉球新報の記事は「生息精査 国に求める 漁協、保護団体 ジュゴンの痛々しい姿に「残念」」というタイトルのもので、記事中でも「死因は頭部外傷」などとは書かれていない。それどころか、死骸を確認したジュゴンネットワーク沖縄の細川太郎事務局長も「死骸を見る限りでは死につながるような傷などは確認できなかった」としている。

 百田氏が「あじあにゅーす2ちゃんねる」のデマまとめ記事を見て〈基地反対派に殺された可能性もある〉と言い出したのかどうかはわからないが、これらが何の根拠もない悪質な憶測に基づいたデマであることは間違いない。

 なぜ、安倍応援団の百田氏やネトウヨは今回、こんな根拠のないデマを流そうとしたのか。それは、辺野古新基地建設工事がジュゴンに象徴される豊かな生態系に及ぼす悪影響が指摘されてきたからだ。

 そもそも、辺野古の海草藻場に棲息する海草には環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されているものもあり、これ自体が保護すべき希少なものなのだが、以前までは、その海草藻場でジュゴンの食み跡が確認されてきた。

●百田たちがデマで封じ込めようとした辺野古基地のジュゴンら生態系への悪影響

 沖縄防衛局が2011年に公表した環境影響評価調査では、オスの個体A、今回亡くなったおかあさんジュゴンの個体B、そして個体Bの子どもである個体Cと、3体のジュゴンが沖縄本島周辺で確認されている。「北限のジュゴンを見守る会」では、辺野古に近い嘉陽に出現していた個体Aを「嘉陽のAおじさん」、北部の古宇利島付近に出現していた個体Bを「古宇利のB子かあさん」、個体Bの子どもである個体Cを「Cちゃん」と呼んでいる。

 桜井国俊・沖縄大学名誉教授のレポートによると、日本自然保護協会はこの「Cちゃん」が2014年5〜7月に辺野古に近い大浦湾の美謝川河口付近で約110本の食み跡を残していたと報告。〈美謝川の河口は大浦湾の辺野古側にあり、専門家たちは母親Bから親離れしつつあるCちゃんが自らのテリトリーを確立すべく海草藻場が最も豊富なこの水域に現れたとみていた〉という(「WEB RONZA」2018年11月21日付)。

 だが、辺野古の新基地建設工事の進行によって、こうした状況に変化があらわれた。2014年8月から沖縄防衛局が海上ボーリング調査をはじめるようになると、辺野古崎付近の藻場ではジュゴンの食み跡が確認されなくなってしまった。「Cちゃん」が最後に嘉陽沖で観察されたのは、同年9月。その後、「B子かあさん」のいる古宇利島沖で確認されたが、それも2015年6月を最後に行方はわからなくなった。そして、「嘉陽のAおじさん」も、昨年9月以降、姿を消した。〈最多時には辺野古、嘉陽、安部で月に計120本見られた食み跡が、(昨年)12月と19年1月にはどの地点でも見つからなくなった〉という(琉球新報20日付)。

 一体、「Cちゃん」と「Aおじさん」はどうしてしまったのか。「Aおじさん」について、沖縄防衛局は姿を消した時期の工事の騒音や震動はピーク時以下であるとして新基地建設工事の影響を否定しているが、一方、日本自然保護協会らの環境団体は、「Bかあさん」が亡くなる直前の今年3月5日に出した緊急声明で、〈新基地建設工事の影響を徐々に受け、行動範囲を変えていたが、個体Cは平成27年6月から避難し、個体Aも平成30年10月から工事区域周辺から避難するに至ったと考えるのが合理的である〉と言及していた。

 さらに、日本自然保護協会が「Bかあさん」の死亡を受けて安倍首相をはじめとする関係閣僚に提出した意見書では、こう指摘している。

〈古宇利島周辺を主な生息域としている個体Bについては、西から東へと移動する埋立土砂の運搬船の影響を受ける可能性が指摘されてきた。記録を見ると平成20年度は個体Bは古宇利島を離れ、辺戸岬を周り西海岸安田沖にも移動している(沖縄防衛局、2009)。移動の際に土砂運搬船の影響を受ける可能性もあったことと思われる。〉

 もちろん、「Bかあさん」の死因は解明されたわけではない。だが、新基地建設工事が、ジュゴンから餌場を奪った可能性は高いのだ。

●とっくにデマ判明「基地反対派が6歳の女の子に暴行」情報をRTした百田

 ようするに、今回、百田氏やネトウヨはこうした新基地建設工事の影響を指摘する声を無効化しようと、「ジュゴンは基地反対派に殺された可能性もある」などとデマを喧伝したのだ。根拠もなく、まったく卑劣としか言いようがないが、しかし、こうしたデマはいまに始まった話ではなく、これまでも繰り返されてきた。

 実際、昨年8月にも〈沖縄で6歳の女の子が「なんでアメリカ人がこんなところにいるんだ」と基地反対派と見られる集団に声をかけられ複数の男たちに暴行されるという事件が起きました〉というツイートが拡散され、百田氏もこのツイートを引用して〈許せない!! 絶対に許せない!! 絶対に許せない!! 怒りではらわたが煮えくりかえりそうだ〉〈こんなことをやる人間に、平和を語る資格はない!! 基地反対派のクズども、この犯人を探して警察に引き渡せ!!〉と連投した。

 だが、このツイート内容も、本サイトが2015年に取材・検証し、あきらかなデマであることを確定させているものだ。

 デマツイートに添付された記事は、沖縄県石垣市に本社をおく地方紙「八重山日報」2015年4月3日付の記事。この記事は当時、極右政党・次世代の党に所属していた中丸啓元衆議院議員が、記事の画像とともに〈沖縄の基地反対派による女児暴行事件。大の大人が5人がかりで腹部を踏みつけるという鬼畜な犯行。絶対に許せない。沖縄県警よ、徹底的に取り締まれ!【拡散希望】〉とツイートするなどし、拡散された。

 ところが、その八重山日報の記事を読んでも、どこにも「基地反対派」が沖縄で女児に暴行を加えたとする証拠や根拠を示す記述は見当たらなかった。後述するが、根拠らしきものは唯一、手登根安則という人物が「米軍基地に対する怒りのはけ口がハーフの女の子に向けられたのかも知れない。平和運動の名のもとに事実上のヘイトスピーチが横行している実態がある」と憶測のコメントしていることだけだった。八重山日報はそれだけで「背景に反基地感情」なる見出しを立てていたのである。

 この時点ですでにフェイクのにおいがぷんぷんしていたが、本サイトは念のため、当時、「事件」が発生したとされる読谷村を管轄する嘉手納警察署に取材、さらに、これを報じた八重山日報に電話で直撃取材をおこなった。

 すると、嘉手納警察署は八重山日報が報じた「事件」の発生日から2週間が経っていた段階でも捜査をしておらず、署の担当者は「今日の時点(15年4月7日)ではまだ暴行の事実は確認できていません」と回答した。そもそも、事件にすらなっていなかったのだ。

 また、報道した当事者である八重山日報の関係者も、本サイトの取材に対して、犯行が基地反対派であるとする確たる根拠をなにひとつもっていないことを認め、こう語っていた。

「証言を聞いた女児も、まだ6歳ですから、中高生と大人の区別はつかなかった。ただ、その『5人』のなかのすくなくとも一人は、明らかに子供だったという話もあります」

 ちなみに、本サイトの取材に応じたこの八重山日報の関係者は、当人の立場に配慮し、記事内ではあえて細かい肩書を明記しなかったが、事件の取材や編集に直接、関わっていた人物だった。

●繰り返される安倍応援団とネトウヨによる基地反対派へのフェイク攻撃

 いずれにしても、八重山日報がなんの根拠ももってないどころか、「(犯行)一人は明らかに子供」とする、基地反対派であることを否定する証言まで得ていたことがあきらかになったのだ。

 さらに、八重山日報への取材では、もうひとつ決定的なことがわかった。それは、この報道が八重山日報の記事に「米軍基地に対する怒りのはけ口がハーフの女の子に向けられたのかも知れない」という憶測コメントを出していた手登根安則氏の“プロデュース”によるものだったことだ。

 手登根氏は沖縄で米軍基地反対運動をバッシングする“反・反基地運動家”として知られている人物。しかも、米軍基地反対運動に参加する人々は「日当」をもらっている等、事実無根のデマをたびたび拡散。例の『ニュース女子』による沖縄デマの回(2017年1月6日)にも出演している。

 その手登根氏が、Facebookに〈(友人の)下の6才の娘が、大人か子供か分からない5人位に囲まれ その内の一人に、押し倒され お腹を踏まれ アゴをつかまれ「アメリカ人が、こんな所に居るな」と言われたらしい…〉という投稿があるのを見つけ、母親にアプローチ。一緒に警察署へ行こうと持ちかけたという。そして、八重山日報に「警察に行くから取材に来て」とネタを持ち込んでいた。

 八重山日報側は当初、「基地反対派の犯行」の線で取材を進めたようだが、警察に取材しても、母親から話を聞いても、それを裏付ける話はまったく出てこない。そのため、しかたがなく手登根氏のコメントを使って、タイトルだけ「読谷 背景に反基地感情? ハーフ女児押し倒す」という、中身のない記事をつくった──。

 これが当時、本サイトが八重山日報関係者への取材によってつかんだ、報道の裏側の一部始終だ。しかし、こうしてデマであることが検証されてもなお、ゾンビのようにデマは復活してネット上で一人歩きを繰り返す。今回の「ジュゴンを殺したのは基地反対派」というデマも今後、同じ道を辿る可能性は十分考えられるだろう。

 基地反対派に対する根拠のないデマを流すことで、基地反対運動への偏見や嫌悪、憎悪を煽ろうとする──。そのような下劣なやり口は、今後もひとつひとつ潰していくほかないだろう。

(編集部)

関連記事(外部サイト)