メリー喜多川が「週刊文春」編集部に直接乗り込んできた日! 恐怖の体験を新谷編集長が告白

メリー喜多川が「週刊文春」編集部に直接乗り込んできた日! 恐怖の体験を新谷編集長が告白

扶桑社「Weekly SCOOP!」中吊り

 最新号でもゲスの極み乙女。川谷絵音の未成年タレントとの熱愛をスクープするなど、破竹の快進撃を続ける「週刊文春」(文藝春秋)。新谷学編集長には各メディアからインタビュー依頼が殺到しているらしいが、そんな"文春砲"のトップが最近、意外な雑誌の企画に登場した。

「「なぜ『週刊文春』だけがスクープを連発できるのか? 『週刊文春』編集長 新谷学×映画監督 大根仁」

 こう銘打たれた対談記事が掲載されたのは9月30日に発売された「Weekly SCOOP!」(扶桑社)だ。聞きなれない雑誌名だが、この雑誌は10月1日に公開された福山雅治がパパラッチを演じる主演映画『SCOOP!』(大根仁監督)の宣伝のために、舞台になった劇中雑誌「週刊SCOOP!」を実際に発行したもの。その中の企画として同作の大根監督が日本最強の"スクープ"雑誌である「文春」新谷編集長にインタビューをしたということらしい。

 しかも、大根監督が聞き上手なのか、映画の宣伝媒体ということで気を許したのか、新谷編集長はこれまでのインタビューではあまり見せなかった出血大サービス、ぶっちゃけとも言えるスクープの舞台裏を語っている。

 たとえば劇中で、リリー・フランキー演じる"情報屋"について、大根監督から「実際にいるものなんですか?」と聞かれた新谷編集長はこんな驚きのエピソードを語っている。

「ああいう人は本当にいるんですよ。(略)政治スキャンダルを追っていても、塀の上スレスレを歩いているような人たちと付き合うことが多くて、ネタ元だった人がパクられることもある。だけどそういう人たちに限って義理堅くて、お中元やお歳暮を送ってくれるんですよ。家では『今日の食卓は、合わせて前科何犯だな』とか言って、ありがたくいただいているんですけど(笑)」

 さらに実際の取材手法についての詳細もまた生ナマしい。今年1月、甘利明経済再生担当相(当時)を"涙の辞任"に追い込んだ賄賂事件スクープについても新谷編集長はこんな舞台裏を暴露している。

「甘利元大臣の現金授受を告発したブローカーも、うちの記者がフィリピンパブとかにとことん付き合って信頼を勝ち得て、初めて全部しゃべってくれた」

 怪しいネタ元との付き合いに、フィリピンパブ――。コンプライアンス全盛の時代に、グレーゾーンに踏み込んでもネタを取ろうとする姿勢はさすがだが、「週刊文春」の凄さはその勇気だけではない。12年、大阪市長だった当時の橋下徹氏が不倫相手に「スチュワーデス」のコスプレをさせたという記事を例に出し、いかに訴訟に耐えられるような緻密な取材をしているかを明かしている。

「橋下さんが不倫相手の女性にあげたネックレスの販売店に行って、当時の伝票をひっくり返してもらったり、ラブホテルに行って実際にスチュワーデスのコスプレ衣装があったか調べてもらったりして」

 とまあ、この対談ではこうした"文春砲"の凄さを物語るエピソードが次々出てくるのだが、それとは別に、もうひとつ驚きの事実が暴露されていた。

「実は『ジャニーズ女帝怒りの独白5時間』という記事を出した後、メリー(喜多川)さんが『編集長に直接話がある』と、うちの会社に来たんです」

 なんと、メリー喜多川副社長が直々に「週刊文春」編集部に乗り込んできたというのだ。

 原因は、新谷編集長の言うように、昨年1月に掲載され、SMAP解散の引き金となったメリー副社長独占インタビュー「ジャニーズ女帝怒りの独白5時間」。実はこの記事、もともとは派閥問題について質問状を送った記者とデスクがメリー氏に事務所に呼びだされ、5時間にわたって軟禁状態で罵倒され続けた模様を「文春」が「インタビュー」と称して出したものだった。メリー氏はその取材手法や記事の作り方への抗議に来社したのだろう。

 たしかに、メリー副社長はこれまでも、気に入らない記事を出したスポーツ紙に突然電話をかけてきたり、スキャンダルを書いた週刊誌記者を乃木坂の事務所に呼び出したりすることで知られていた。その迫力はすさまじく、時にバンバンと机を叩いて「殴るぞ」と凄み、時には暴力団や同和団体との関係をちらつかせるなど、百戦錬磨の週刊誌記者も震え上がるものだともいわれていた。

「さらに有名なのが、"恐怖のメリークイズ"といわれる逆質問で、たとえば、記者にジャニーズのタレントを偉い順から言えなどと、難題を浴びせるんです。それで記者が答えに窮すると、『そんなことも知らないで記事を書いたのか』と罵倒が始まる。しかも、話がどんどん移っていって、いつまでたっても帰してくれない。芸能記者にとっては恐怖の体験のようです」(女性週刊誌記者)

「週刊文春」でもメリー氏に軟禁恫喝されたのは、前述の5時間インタビューのときだけではなかった。元記者の中村竜太郎氏が月刊「文藝春秋」16年3月号でこう明かしている。

「筆者もこの出来事(「ジャニーズ女帝怒りの独白5時間」)の五年前、週刊誌に書いた記事に関してメリー氏に呼び出された。飯島氏と同じ場所で五時間以上取り調べのように詰問され、「殴るぞ!」と恫喝され、決裂して帰ろうとすると「帰るな!」と怒鳴りつけられた。同じ席には、ジャニーズ事務所の弁護士が同席していた。彼らを従え、記事に激しく反論するメリー氏。筆者としては理不尽としか思えない主張の繰り返しだったが、この凄みがジャニーズ事務所を芸能界のトップに押し上げた原動力かと、痛感したのだった。」

 新谷編集長も当然、部下たちからそのやり方については聞いていたはずで、メリー氏が眼前に姿を現した時はさぞ恐怖だったのではないかと思われる。だが、新谷編集長、このメリー氏の"無間地獄"から意外な脱出の仕方をしていた。くだんの大根監督との対談でメリー氏にどう対処したかを少しだけ話している。

「『とにかく2時間で終わらせてください』とていねいにお願いしたら、最後に『私、2時間で終わったことないのよ、普通は5時間だから!』と言い残して帰られました。でも、ちゃんと2時間でまとめてくれて『さすがはプロだな』と思いました」

 ド直球ではあるが、メリー氏相手にここまでストレートにお願いができるというのも、百戦錬磨の「週刊文春」編集長ならではだろう。このしたたかでイケイケの姿勢があれば、まだしばらくは"文春砲"の勢いが続きそうだ。ってちょっと褒めすぎ?
(本田コッペ)

関連記事(外部サイト)