あの野村貴仁が清原と巨人のドラッグ汚染を改めて暴露!「覚せい剤を東京ドームのトイレに隠していた」

元巨人で清原和博氏の同僚であった野村貴仁氏が自伝『再生』でドラッグ事情を暴露

記事まとめ

  • 元巨人で清原和博氏の同僚であった野村貴仁氏が自伝『再生』で巨人の薬物事情を暴露
  • 野村氏はオリックス時代や巨人時代にグリーニーが蔓延していたことを告白
  • 薬を使わなかったのは槙原寛己氏、桑田真澄氏、松井秀喜氏ら数名だったという

あの野村貴仁が清原と巨人のドラッグ汚染を改めて暴露!「覚せい剤を東京ドームのトイレに隠していた」

あの野村貴仁が清原と巨人のドラッグ汚染を改めて暴露!「覚せい剤を東京ドームのトイレに隠していた」

『再生』(KADOKAWA)

 5月31日に覚せい剤取締法違反で懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた清原和博。先日は宮古島でバカンスを楽しんでいる様子を「FRIDAY」(講談社)に撮られるなどしたのも記憶に新しい。そんな清原が逮捕されマスコミが大騒ぎとなったとき、突如注目を浴びたあの男が本を出した。かつて読売ジャイアンツで清原とチームメイトであった野村貴仁氏である。

 9月末に上梓した自伝『再生』(KADOKAWA)では、自身の薬物をめぐるトラブル(彼もまた覚せい剤取締法違反で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けている)から、清原、ひいては巨人軍にまん延していたドラッグ事情についてまで赤裸々に綴っている。

 野村氏が薬物に手を出すきっかけとなったのは、巨人移籍前、まだ彼がオリックス・ブルーウェーブに所属していた時のことだった。ひどい鼻炎を患い、投球にも悪影響をおよぼし始めていたのを見たチームメイトのフレーザーが緑色のカプセルを渡してくれたという。それが、グリーニーだった。

 グリーニーは興奮剤の一種で、服用すると気持ちが高ぶったり、疲労を感じなくなったり、運動能力が向上するように感じたりする。2000年代に入ってからは世界アンチ・ドーピング機関(WADA)がグリーニーを禁止薬物として指定。それに続くように、メジャーリーグや日本のプロ野球でも使用が禁止されている。

 そんなグリーニーだが、野村氏が巨人に移籍すると、そこでもその薬物がまん延していた。グリーニーの原産国はメキシコ、グアテマラといった中米の国々であり、グリーニーを他の選手に譲渡していたのは主にそういった国からやってきた助っ人外国人たちだった。当時のジャイアンツでは、ガルベスがドミニカ共和国出身、デセンスがメキシコ出身で、彼ら自身、試合や練習の時にグリーニーを頻繁に使っていた。さらに他の選手にグリーニーを譲渡していたため、当時のジャイアンツでは、ガルベス経由で手に入れるグリーニーを「ガル薬」、デセンス経由の場合は「デス薬」と呼ぶ隠語すらでき上がっていたという。その時のチームメイトでグリーニーを使っていなかったのは、槙原寛己、高橋尚成、桑田真澄、松井秀喜ほか何名かほどしかいなかったと野村氏は綴っている。

 もちろん、同書には、清原和博に覚せい剤を提供した問題も書かれている。オリックスと西武、お互いもともとはパ・リーグにいながら特に親交はなかった二人が同じチームになり初めて交わした言葉は、練習中に清原からかけられたこんな衝撃的なものだったという。

「おう、マリファナやったことがあるか」「マリファナを仕入れてもらえへんか」

 その時の清原は巨人に移籍して2年目。当時の彼はファンから応援をボイコットされるほど調子が悪かった。巨人のプレッシャーに押しつぶされる様子を見た野村氏はここでクスリの仕入れを手伝うことに。オリックス時代に知り合った、裏のルートとつながりのあるエステティシャンの女性にマリファナの入手を依頼した。

 結局、マリファナは手に入らなかったが、代わりに覚せい剤を入手。しかし、数十グラムもの覚せい剤をロッカールームに置いておくわけにはいかず、野村氏は東京ドームのなかでクスリを隠すことのできる場所を探した。そこで目をつけたのが、救急車両の搬入など緊急時しか使われない、バックスクリーン奥のエリアに設けられたトイレ。まさか、ジャイアンツの選手が東京ドームのなかにシャブを隠していたとは。本当であれば大変なことだが......。

 必要があるたびにその覚せい剤を清原に渡していたというが、クスリの快楽を知った清原はどんどんその道に溺れていく。覚せい剤のみならず、コカイン、マリファナ、エクスタシーと、彼からのクスリの調達依頼は止むことはなかったという。そのうちに清原の様子はどんどんおかしくなっていく。しまいには、こんな言葉まで飛び出したという。

「バッターボックスの白いラインが、コカインに見えるんや」

「FRIDAY」16年10月14日号に掲載された野村氏のインタビューでは、『再生』にはおさめられなかったという、1998年シーズンでの衝撃的なエピソードも明かされている。98年というと巨人は3位に終わった年。遊んでいる暇などなかったはずだが......。

「あれも'98年のシーズン中やった。清原が「シャブでキマったままオナニーしたら、止まらんようになってしもた」と言ってきた。見るとたしかに右腕がパンパンに腫れ上がって、湿布を貼ってる。腱鞘炎になるほどハマったらしく、『こんなんじゃバットを振れんわ』と。それでその日は欠場。そんなん前代未聞ですよ」

 清原の逮捕後、数々の過激な内情暴露を繰り返す野村氏。彼の口からは、にわかには信じがたいような球界の裏話が次々と飛び出している。一方では、その様子から証言の信ぴょう性を疑う声もあるが、しかし、いまのところ、野村氏に球界関係者から抗議が入ったという形跡もない。ということはやはり......。
(新田 樹)

関連記事(外部サイト)