人気漫画家・浦沢直樹の「ラブホW不倫」の相手は文春の女性社員だった!「週刊文春」デスクを務めたことも

漫画家・浦沢直樹の「ラブホW不倫」相手は文藝春秋の女性社員か、『週刊文春』担当も

記事まとめ

  • 『20世紀少年』などのヒット作で知られる漫画家の浦沢直樹氏の「W不倫」が報じられた
  • お相手とされる50代前半女性が文藝春秋の社員で、同じ会社に夫がいるという
  • ベッキーと川谷絵音、小倉優子の夫、安村らの不倫を暴いた週刊文春にも所属していた

人気漫画家・浦沢直樹の「ラブホW不倫」の相手は文春の女性社員だった!「週刊文春」デスクを務めたことも

人気漫画家・浦沢直樹の「ラブホW不倫」の相手は文春の女性社員だった!「週刊文春」デスクを務めたことも

このイベントが2人をつないだ?(ソニーミュージック「ボブ・ディラン公式サイト」より)

 本日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)10月25日号に出版界を仰天させるスクープが掲載された。それが「大人気漫画家 浦沢直樹 週2回の密会愛はまさかのW不倫」だ。

 浦沢といえば『YAWARA!』『MASTERキートン』『20世紀少年』などヒット作を次々と輩出し、"現代の手塚治虫"とも称される超人気漫画家。そんな大物作家にW不倫報道とはびっくりだが、記事には浦沢と女性の2カ月近くに渡る濃密なデートの様子が詳細に描かれている。8月10日にはスープカレー店、8月22日はイタリアンの後、目黒のラブホテル、9月18日にも渋谷のラブホ、その3日後には中華料理、10月5日には午後のカフェでデート。また、記事には別々にラブホに入り、時間差で出てくる2人の姿が収められた写真も掲載されている。

 さらに、出版界が騒然となったのは、相手女性のプロフィールだった。「週刊女性」にはこんなコメントが掲載されている。

「大手出版社に勤務する50代前半のAさん。数年前、雑誌の企画を通じて、浦沢先生と接点ができたそうです。今は編集からは離れていますが、仕事のできる人ですから、漫画家や作家との付き合いは続いているようですね」
「同じ会社に旦那さんがいます。お子さんはいないそうですね」

 しかも、「週女」は、〈Aさんの会社の雑誌でも週刊誌を出版しているので、取材には理解を示してくれた〉として、Aさんのこんなコメントを掲載していた。

「私も人のことを言えない会社にいますから。こうして公人の方と食事にいくとなるとそういう見方をされることもわかります」

 週刊誌を出している人のことを言えない会社とは、いったいどこの会社なのか? 当初は、浦沢がデビュー以来ずっと仕事をしてきた小学館か、それを出し抜く形で2008年から「モーニング」に起用し「BILLY BAT」を連載している講談社か、との憶測が流れていたが、取材してみると、このコメントの理由がよくわかった。

 そう、この女性、なんと"文春砲"を擁する文藝春秋の社員だったのである。しかも、現在は広告関係のセクションで働いているが、かつては「週刊文春」にも所属していたという。

「写真を見てすぐにわかりました。Aさんは編集者としてもすごく優秀で、『CREA』で長く編集者をつとめていましたし、一時は『週刊文春』で連載班のデスクをしていたこともある。たしか当時は、村山由佳さんの不倫小説『ダブル・ファンタジー』を担当していたんじゃないですかね。旦那さんも月刊『文藝春秋』のナンバー2として知られ、"将来の『週刊文春』編集長"の呼び声も高い人物です」(文春関係者)

 今さら説明するまでもないが、「週刊文春」といえば、今年初めベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音の不倫をすっぱ抜いたのを皮切りに、宮崎謙介衆院議員(当時)の妻出産直前不倫スクープでは宮崎氏を議員から引きずりおろし、中村橋之助と京都芸妓の不倫密会、小倉優子の夫・菊池勲とタレントの馬越幸子、とにかく明るい安村、そして評論家の荻上チキに至るまで、数々の有名人の不倫を暴き続けてきた。まさか、その編集部にいた女性編集者がW不倫をしていたとは......。

 しかも、A さんが浦沢との関係を深めたのも「週刊文春」絡みだったといわれている。「週刊文春」には、「青春ロック」という有名人がロックの思い出を語るSony Musicとのタイアップ連載企画があるのだが、昨年秋に、浦沢がこのコーナーに登場。ボブ・ディランについて語っている。この企画の担当が、広告セクションいるAさんだったらしいのだ。

「面識は数年前からあったようですが、この去年のタイアップ企画がきっかけになって、二人は急速に親しくなったようです。今年1月から始まった浦沢直樹展でも、Sony Musicが共催する形で、『ボブ・ディラン 聴いて歌って描きまくる』というイベントが開催されたんですが、これもAさんがつないだもののようです」(前出・文春関係者)

 まさに「公私混同」と言われてもしかたのないW不倫劇。この報道に文春社内は凍りつき、厳しい箝口令がしかれているという。それも当然だろう。本サイトでも指摘したことがあるが、"文春砲"で注目を集めている文春がいま一番警戒しているのが、社員の不祥事発覚、とくに不倫スキャンダルだったからだ。

「出版社の社員の不倫なんて、これまでなら別に珍しい話でもなかったですし、会社も鷹揚だったんですが、『週刊文春』の不倫報道があれだけ注目を集めると、話が違ってくる。他媒体に『文春社員が不倫』などと暴かれかねないと、すごく警戒感を強めていました。『週刊文春』編集部では、身辺に気をつけるよう全スタッフに注意したくらいです。それが、この大物漫画家とのW不倫という超ド級のスキャンダルでしょう? 幹部は何を書き立てられるか、と戦々恐々のようです」(前出・文春関係者)

 しかし、実際にはそんな心配はご無用だろう。なにしろ今回の女性社員のお相手は超大物の"作家センセイ"だからだ。

 出版界において作家の威力は絶大だ。作品がベストセラーになれば自社の利益に直結する大切な存在であるのはもちろん、雑誌のコラムやエッセイ執筆、インタビューなどで付き合いも深い。そのため、作家の批判やスキャンダルは絶対的なタブーになっている。

 芸能人のスキャンダルを書きまくっている週刊誌も、作家に対してはどんなスキャンダルが浮上しても沈黙を決め込むどころか、逆に作家の意を受けて記事を潰すなど不祥事隠しに加担することもあるほどだ。

 浦沢直樹は小説家でなく漫画家だが、それでも大ベストセラーを連発する"大作家"だ。今回、不倫を報じた主婦と生活社は小説や漫画をメインとしていないため、こうした報道が可能だったのだろうが、しかし他の出版社が追随する可能性は極めて低い。

 この作家タブーについては、自身も売れっ子作家である林真理子が「週刊文春」誌上でこう指摘していた。

〈この頃有名人に会うたび、よく聞かれる。
「どうしたら、センテンス・スプリングに書かれないようになりますかね?」
「ひとつだけありますよ」
 私は答える。
「センテンス・スプリングの執筆者になることですね」〉(同誌4月7日号、連載コラム「夜ふけのなわとび」)

 本サイトは、ベッキー騒動でも何度も繰り返してきたように、「不倫」を道徳的に糾弾する趣味はまったくない。しかし、相手が大物作家だからといってその事実すら報道されないという状況はいくらなんでも不公平すぎると考え、あえて記事にした。

 しかし、ネットがいくら騒いでも、雑誌やワイドショーが取り上げない以上、たいした話にはならないはずだ。

 そして、文藝春秋を襲ったまさかの不倫騒動も、このまま出版業界の内輪ネタとして関係者の間だけの話題となってしまうのだろう。
(時田章広)

関連記事(外部サイト)