小田原「保護なめんな」ジャンパーは氷山の一角か、生活保護受給者に「辞退届」強要も

記事まとめ

  • 神奈川県小田原市の生活保護担当職員らが勤務中に「保護なめんな」ジャンパーを着用
  • 次長課長・河本準一の親族が生活保護を受けていた問題でも片山さつき氏が批判し話題に
  • 生活保護水準で実際に受給している人の割合を指す捕捉率は2割程度だと言われている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております