金塊事件容疑者との写真はやはりNEWS手越だった! 本人が認めるも、芸能マスコミはジャニーズタブーで沈黙のまま

 本サイトでも報じた博多7億5000万円金塊強奪事件とジャニーズ事務所のアイドルグループNEWSの手越祐也の関係。この事件で逮捕された一人、小松崎太郎容疑者のフェイスブックに手越と思われる人物との親密写真がアップされていることを先日本サイトで報じたが、やはり、写真の人物は手越本人だった。

 その真偽に関し26日、ジャニーズ事務所が朝日新聞の取材に応じ、写真の人物が手越本人だったことを認め、「本人も、軽率だったと反省している」とのコメントを出したのだ。朝日新聞によると、事務所のヒアリングに対し手越が「お店でたまたま一緒になり、『一緒に撮って』と求められ、応じてしまった。軽率だった」「写真の人とは面識もないし、名前も知らない。その後の付き合いもない」と語ったという。

 "決して親密な関係ではなく、偶然のファンサービス"。どこぞの政治家のような苦しい言い訳だが、こうした事態にジャニーズ事務所が異例の対応をしたのは、ことの重大さを物語っているからにほかならない。さらに、ジャニーズタブーに弱い芸能マスコミでなく朝日新聞だったからこそできた記事だろう。

「この記事を報じたのは、地方局に勤務する若手記者で、この金塊事件もずっと追っている記者です。純粋に事件取材の一貫として取材したのでしょう、容疑者の交友関係を洗うのはごく当たり前のことですから。それに地方局で中央マスコミのジャニーズへの忖度の空気と無縁だったからこそできた記事といえるでしょう」(大手紙関係者)

 ジャニーズ事務所所属のタレントの不祥事はウヤムヤになってしまうことが多いなか、手越自身に写真が本人であることを認めさせたのはお手柄だ。

 それに引き換え、情けないのは中央の芸能マスコミだろう。というのも、今回ネットでは大きな話題となっていた手越と金塊強奪事件容疑者との関係について、ワイドショーを始めとする芸能マスコミはそれを一切黙殺していた。その理由は言うまでもなく、マスコミのジャニーズタブーにある。センセーショナルな事件の容疑者とタレントの交友疑惑は普通ならワイドショーの格好のネタだ。これがもし弱小事務所のタレントであれば、ワイドショーで騒ぎ立てて、公の場での謝罪にまで追い込んでいたことはまちがいない。しかしジャニーズタブーをまえに、写真の存在を見て見ぬふり、なかったことにしてしまっているのだ。

 それは手越本人が写真を認め、大手全国紙である朝日新聞がそれを報じた今後もおそらく変わることはないだろう。

 しかし一方でジャニーズ事務所を放逐され、25日に大麻所持の疑いで逮捕された元KAT-TUNのメンバー・田中聖については、怒涛のごとくの報道が続いている。ネットでは"手越疑惑を隠蔽するための火消し逮捕"などという陰謀説まで出回っているが、あり得ない戯言だと分かりつつも、しかしそれが真実性を帯びるほど、マスコミの報道は不平等かつ、不公正としか言いようがない。

 本サイトではこの問題について、「元KAT-TUN田中逮捕報道の裏で、NEWS手越と金塊事件容疑者との交友が浮上もジャニーズタブーでマスコミは...」と題し、いち早く記事化している。ここに再録するので、是非、ご一読していただきたい。
(編集部)

......................................................

 元KAT-TUNのメンバー・田中聖が、大麻所持の疑いで逮捕という衝撃的なニュースが飛び込んできた。田中は取り調べに対し容疑を否認しており今後の行方が注目されるが、実はいまもうひとり、ある事件をめぐってジャニーズアイドルの存在がネットで話題になっているのをご存知だろうか。

 昨年7月福岡市博多区で約7億5000円もの金塊が強奪された事件で、22日、6人の容疑者が逮捕された(23日にはさらに1人が逮捕)。この事件は博多駅前という人目の多い場所で白昼堂々と巨額な金塊が盗まれたこと、またその手口が警察官を装ったものだったことなど、大きな注目を浴びた事件であり、今回の逮捕もテレビなどで大々的に報じられている。逮捕者はさらに増えると見られているが、この逮捕報道を受け、ネットではある意外な有名人の名前がクローズアップされている。それがジャニーズ所属のアイドルグループ・NEWSの手越祐也だ。

 なぜ7億5000万円の金塊強奪事件で手越が? と思うのも当然だろう。だが、実は今回、盗品と知りながら、事件直後に金塊を換金したとして逮捕された小松崎太郎容疑者のフェイスブックに、手越と思われる人物との写真がアップされていたのだ。

 2011年にアップされたというその写真を見ると、飲み屋(クラブ?)と思しき場所で、両隣をヒゲで恰幅のいいスーツ姿の男たちに囲まれて、舌を出しながらVサインをするイケメン茶髪の姿が。特徴的な大きな目、舌を出したイタズラっぽい表情、裏ピースの仕草......たしかに、これは手越本人のように見える。

 これに対し、SNSを中心として〈金塊強奪事件の犯人たちは、過去に逮捕歴もある筋金入り犯罪集団なのに、一緒に飲み歩く手越祐也はどういう関係なんだよ〉〈反社会的な勢力と芸能界ってやっぱりつながりが太いんだな〉〈ひゃー 手越くん、イッテQで見れなくなったらやだわ〜〉〈仕組まれたか。ハメラレタか。何かの間違いと思いたいが。テレビキャラと実生活が違いすぎ〉〈芸能生命終了の危機〉などと、その関係を心配する声で溢れた。それも当然だろう。社会的にも大きな事件である巨額金塊強奪の容疑者と、ジャニーズアイドルの手越が、どんな関係にあるのか。まさか金塊事件そのものには関わりがあるとは思えないが、犯罪に関連した可能性のある金が、タニマチ的に(例えば飲食や旅行など)手越に流れていたとしたら──。

 しかし心配はご無用だろう。ネットでは炎上するほどの大騒動になってはいるが、マスコミ、とくにテレビでは金塊強奪の容疑者と手越の交友関係を取材するどころか、おそらくはこの写真の存在さえも報じることなどあり得ないからだ。

 もちろんその理由はマスコミのジャニーズタブーにある。これまで熱愛や不倫、乱交、そして警察沙汰まで数多くの不祥事を巻き起こしてきたジャニーズタレントたちだが、ジャニーズ事務所の圧力、そして絶大なる影響力への忖度、自粛という構造のもと、その多くは封殺されてきた。そして今回のように、"ややこしい"案件に、あえてマスコミが手を突っ込むことなど、どう考えてもあり得ない。

 さらに手越は、ジャニーズ事務所の最高権力者であるメリー喜多川副社長のお気に入りだといわれている。手越はこれまで益若つばさ、きゃりーぱみゅぱみゅ、紗栄子、小嶋陽菜、柏木由紀、など数多くの芸能人たちと浮き名を流し、またナンパした女性を"お持ち帰り"したり、合コンで女性に差別発言をするなど、数多くのスキャンダルを起こしてきた。ジャニーズでは御法度の副業の噂もたびたびささやかれている。

 ジャニーズといえども、ここまで事務所の意向や"掟"を無視するタレント──赤西仁や田口淳之介、田中聖など──は、たとえジャニー喜多川氏の寵愛を受けていたとしても結局は追放されている。しかし、手越には不思議とそうした動きがないどころか、熱愛、写真流出騒動にしても一切お咎めはなし。その背景にはメリー氏の寵愛があるといわれている。一方で、なんの素行不良がなくとも、単にメリー・ジュリー体制に批判的、飯島派だと目されただけで冷遇されるタレントもいることを考えれば、あまりに露骨なえこひいきだろう。

 世間を震撼させた7億円金塊窃盗事件にアイドルタレントが関係していた。ワイドショーが嬉々として飛びつくはずのビッグニュースだが、しかしジャニーズタブーの前に、マスコミはその一切を報じることがない。

 いつものこととはいえ、弱きをくじき強者にこびる芸能マスコミの姿勢、なんとかしてもらいたいものだ。 
(林グンマ)

関連記事(外部サイト)