20年前に“女子生徒と性的関係” 都立高教諭を懲戒免職

59歳男性教諭を懲戒免職処分 20年前に勤務していた高校の女子生徒と「性的な関係」

記事まとめ

  • 20年前に勤務していた高校の女子生徒と性的な関係を持ったとして、教諭が懲戒免職に
  • 59歳の男性教諭は、担任をしていた女子生徒と合意の上、複数回性行為を行ったという
  • 今年、生徒側から教諭に電話があり、教諭が校長に打ち明け、問題が発覚したという

20年前に“女子生徒と性的関係” 都立高教諭を懲戒免職

20年前に“女子生徒と性的関係” 都立高教諭を懲戒免職

20年前に“女子生徒と性的関係” 都立高教諭を懲戒免職の画像

 東京都教育委員会は、20年ほど前に勤務していた高校の女子生徒と性的な関係を持ったとして、59歳の男性教諭を懲戒免職処分にしました。

 都教委によりますと、多摩地域の都立高校に勤務する59歳の男性教諭は、1999年11月から2001年3月まで、当時勤務していた高校で担任をしていた女子生徒と合意の上、複数回にわたって性行為を行いました。今年2月になって、女子生徒側から男性教諭に当時を振り返る電話があったことを受けて、教諭が現在勤めている高校の校長に打ち明け、問題が発覚したということです。都教委は9月12日付でこの男性教諭を懲戒免職処分にしました。男性教諭は「教師として取り返しのつかないことをしてしまった。反省し、後悔している」と話しているということです。