大坂なおみ選手“凱旋試合” いよいよ東京・立川へ!

大坂なおみ選手“凱旋試合” いよいよ東京・立川へ!

大坂なおみ選手“凱旋試合” いよいよ東京・立川へ!の画像

 東京・立川市で行われているテニスの東レ・パンパシフィック・オープン2回戦に大坂なおみ選手が登場します。日本テニス界のニューヒロインの凱旋(がいせん)に、会場は盛り上がっています。

 日本テニス史上初めて、全米オープンのシングルスを制した大坂選手が、いよいよ立川市で凱旋試合に挑みます。その世界的なプレーを見るためのチケットは全て売り切れました。立川市の会場は、試合開始まで5時間前の段階で“大坂選手と一緒に写真が撮れる”等身大パネルの前には途切れることなくファンが詰め掛けるなど、すでに熱を帯びていました。会場を訪れたファンは「びっくりした。立川で試合をしてくれるなんて本当にうれしい」「ぜひ優勝目指して頑張ってほしい」などと話していました。中には「残念ながらチケットないです」「駄目なんです」と、会場の雰囲気だけでも味わおうとするファンの姿もありました。

 大坂選手の試合に向け、会場の外でも盛り上がりを見せています。市内にある洋食屋ベースボールでは「勝つ」の験担ぎでカツカレーを特別メニューとして販売しています。店長の江口信男さんは「ランチタイムに100人近くのお客さんが来て、45食用意していたカツが午後1時前には完売した。メニューを見る前に『カツカレー頂戴!』と言ってくれるのは、全てなおみちゃん効果」と話しています。また、以前「大坂選手自身も試合前に食べに来てほしい」とラブコールを送っていましたが「まだ来店していない。ぜひ来てほしい」と話していました。優勝した暁にはカツカレーだけでなく、大坂選手が食べたいという「天ぷら」も用意したいと意気込んでいます。江口さんは「なおみちゃん、立川でもぜひ勝利! 勝って勝って勝て!なおみちゃんファイト!」とエールを送っていました。

 果たして凱旋試合で連続優勝なるのでしょうか。なおみフィーバーは最高潮です。会場を訪れたファンは「パワフルなプレーが見たい」「本当に楽しみにしています。なおみちゃん頑張ってください」などと話していました。

 全米オープンの興奮を再びと願う日本のファンの前で、どんなプレーを見せてくれるのでしょうか。