迷子の4歳児を保護 9歳小学生に感謝状

 9歳の男の子が迷子を救い、警視庁から表彰されました。 4月5日警視庁から感謝状を送られた東京都港区立白金の丘小学校4年の名郷根景くんは、3月14日、帰宅途中に1人でいた小さな男の子を見つけました。近くに親に見える女性が1人いたが、この人は親ではないなと判断した後に、迷子になっていた4歳の男の子に声を掛けました。 男の子は3月14日午後3時45分ごろに母親に叱られ、1人でどこかへ行ってしまい行方が分からなくなり、およそ10分後に母親が110番通報をしていました。警視庁は警察官40人と警察犬1匹で捜索を始め、およそ1時間半後に公園から1キロほど離れた場所で名郷根くんが発見しました。その後、500メートルほど離れた交番に男の子を案内し保護され、男の子が迷子になってからおよそ3時間後、無事に母親と再会したということです。 名郷根くんが取った冷静で勇気ある行動の背景には「いいことしたらいいことが返ってくるよ」と、両親から言い聞かされていた言葉がありました。