東京都の補正予算4552億円が成立 ワクチン加速へ

 新型コロナウイルスのワクチン接種の迅速化に向けた予算を盛り込んだ東京都の新たな補正予算案が東京都議会で可決・成立しました。



 都議会で6月7日に成立した東京都の新たな補正予算の規模は、5月28日に追加された"東京都が運営する集団接種事業に関する費用”を含め、総額で4552億円です。今回の予算にはワクチン接種を促すため、通常診療に代わって接種を進める医療機関に支払う協力金が盛り込まれました。また、中小企業などが従業員のワクチン接種に向けた特別休暇を整備するに当たって、専門家を派遣するための費用も計上されました。

関連記事(外部サイト)