新型コロナ感染者新たに436人 都心の様子は

 東京都内の新型コロナウイルスの感染者は、6月5日、新たに436人確認されました。



 新たに確認された436人のうち、20代が127人、30代が96人で、若者世代で全体の半分以上を占めています。

 都内の感染者の累計は、16万3329人となりました。重症者は6月4日と同じ62人でした。

 また、これまでに70代から90代の男女、あわせて8人の死亡が確認されました。

 直近7日間を平均した1日当たりの感染者は440.3人で、前週比は77.1%と、都内の感染者は5月の連休後、緩やかな減少傾向が続いていますが、感染力の強い変異株の増加による再拡大が懸念されていて、ワクチンの接種加速が求められています。

 一方、緊急事態宣言の中、都心では相変わらず多く買い物客などで、にぎわいを見せていました。

関連記事(外部サイト)