上野のパンダ シンシン、双子の赤ちゃんを出産

 東京・台東区にある上野動物園の雌のジャイアントパンダ、シンシンが双子の赤ちゃんを出産しました。



 6月23日の午前1時ごろ、シンシンは1頭目を出産し、それからおよそ1時間半後に2頭目が生まれました。子どもの性別はいずれも分かっていませんが、2頭とも大きな産声を上げ、母子共に健康上の問題はないということです。

 動物園によりますと、パンダは一般的に2頭同時に子育てすることが難しいため、現在1頭はシンシンが抱いていて、もう1頭は保育器で飼育員が管理しているということです。福田豊園長は「しばらくは24時間態勢で見守る状況が続くが、温かく見守ってもらいたい」と話しました。

 上野動物園でパンダの赤ちゃんが生まれるのはシャンシャン以来4年ぶりで、双子が生まれたのは初めてのこととなります。

関連記事(外部サイト)