上野動物園 双子パンダの赤ちゃん、すくすく成長中

 上野動物園で生まれたジャイアントパンダの双子の赤ちゃんの最新映像が届きました。



 公開された映像は、母親のシンシンのおなかの上に乗っている6月23日に生まれたばかりのパンダの赤ちゃんです。また、写真にはふさふさとした毛が少し生えてきた様子が写っていて、赤ちゃんパンダはにっこりと笑っているようにも見えます。

 上野動物園でパンダの赤ちゃんが生まれたのはシャンシャン以来4年ぶりのことで、双子の誕生は今回が初めてです。動物園によりますとパンダは2頭同時に子育てをすることが難しいため、双子の赤ちゃんパンダはシンシンと一緒に過ごす日と保育器で過ごす日を分け、1日おきに入れ替えて育てているということです。双子の性別はまだ不明で、2頭はそれぞれ166グラム・17センチと134グラム・15センチで、順調に成長しています。

 一方、お母さんパンダのシンシンは出産による疲労は見られるものの、健康状態に問題はないということです。

関連記事(外部サイト)