救急救命士の接種研修会 東京都の大規模会場に派遣へ

 新型コロナウイルスのワクチン接種を加速するため、東京都は救急救命士を対象とした接種の実技研修会を開きました。



 7月7日から8日間にわたって行われる研修会には東京消防庁の救急救命士およそ80人が参加し、模型の腕を使って針を刺す位置や深さなどを民間の看護師から学びました。7月末ごろから接種の担い手が少ない東京都運営の大規模接種会場などに派遣され、接種を行っていくことにしています。

関連記事(外部サイト)