<高校野球東京大会>チーム支える3年生マネジャー“最後の夏” 明法高校

 TOKYO MX「news TOKYO FLAG」では、夏の高校野球東京大会の注目校や注目選手を紹介してきました。今回は選手ではなく、チームを支える縁の下の力持ちにスポットを当てました。3年生のマネジャー、最後の夏に懸けます。



 東村山市にある明法高校の野球部で、キャッチボールを行う選手から少し離れた場所でバットの手入れをする女子部員の姿がありました。マネジャーの金田理奈さん、3年生です。

 試合が近づくと選手たちの練習にも熱が入り、マネジャーも大忙しとなります。選手と同じように汗と泥にまみれます。道具の管理だけでなく、選手のケアもマネジャーの重要な役目です。

 今ではマネジャーの仕事を難なくこなす金田さんですが、1年生で入部した当初は「マネジャーとしてどんな仕事をしたらいいのか、選手との関わり合いの中で少し悩むこともあった。でもみんな優しく、ここまでやってこられた」といいます。近藤来哉主将は「つらいこともあったと思うが、不満も言うことなく、いつも笑顔で支えてくれて本当に感謝している。今まで一緒に野球部でやってきたので、マネジャーは試合でプレーするわけではないが、チームとして一致団結して"チーム野球”で頑張っていきたい」と意気込みます。

 一緒に戦う仲間のために金田さんが毎年作っているのが「お守り」です。選手一人一人の名前が刺しゅうされています。金田さんは「選手がけがせず、楽しんで最後の大会を悔いないようにできることを願って作っている」と語ります。

 思い出がつまったスコアブックも見せてもらいました。一番印象に残っている試合について金田さんは「新チームになって初めて公式戦で勝利した試合。(相手が)強いチームだったので、自信がついた試合だった」と話しました。

 果たして、東京大会で勝利のスコアを記すことができるでしょうか。3年間の集大成の夏まであと3日──。金田マネジャーが支える明法高校は7月11日に初戦を迎えます。

関連記事(外部サイト)