五輪&パラリンピック 「ライブ配信を装った詐欺」警視庁が注意呼び掛け

 開幕が迫る東京オリンピック・パラリンピックは多くの競技が無観客での開催となったこともあり、「ライブ配信」を検索する人が多くなると予想されます。こうした中、警視庁はフィッシング詐欺に注意するよう呼び掛ける動画を公開しました。



 フィッシング詐欺の手口は、スポーツの試合のライブ配信を装った偽サイトで個人情報やクレジットカードの情報を入力させ、その情報を元に金をだまし取るというものです。スポーツライブを使った詐欺は今年から増え続けていて、ゴルフやテニス、サッカー、聖火リレーの動画などが確認されています。

 警視庁はこの動画を配信し、8月8日まで警戒を呼び掛けていくということです。

関連記事(外部サイト)