都内各地で今年一番の暑さ

 7月10日の都内は、前日とは一転して朝から晴れて気温がグングン上がり、都心で33.4度を記録したほか、各地で軒並み33度以上の今年一番の暑さとなりました。



 これは関東の北にある梅雨前線に向かって、南から温かい空気が流れ込んでいるためで、7月10日の都内の最高気温は、府中で最も高い34.2度、青梅で34度、練馬で33.7度、都心でも33.4度と各地で軒並み今年一番の真夏を思わせる厳しい暑さとなりました。

 この時期は暑さに慣れていないため、熱中症などに十分な注意が必要です。

 関東では、これから夜にかけ大気が不安定になるため、山沿いや多摩地方を中心に雷が発生する見込みです。

 7月11日は上空に寒気が入ってくるため、さらに不安定な天気になり所によっては強い雨も予想されています。

 なお、梅雨明けは来週の後半になりそうだということです。

関連記事(外部サイト)