有楽町線などの延伸 国と東京都が補助へ

 地下鉄有楽町線を住吉駅まで延ばす「地下鉄8号線」と南北線を品川駅まで延ばす「品川地下鉄」の延伸について、国と東京都が建設費を補助する方針が新たに示されました。



 国土交通省の審議会は7月15日、地下鉄8号線の延伸などの早期事業化を図るべきと答申を示しました。これを受け、東京都の小池知事と赤羽国交相はテレビ会議を開き、東京都と国が東京メトロの建設費を補助する方針を確認しました。小池知事は記者団に対し「8号線や品川地下鉄について国と都が補助など支援し、東京メトロを事業主体とした早期の事業化に向けて取り組んでいきたい」と話しました。

 今回の答申により、これまで対象外だった東京メトロの新線整備費が国の補助の対象となるため、東京都の担当者は「財源が具体化されることで、延伸への動きが加速化されるのでは」と期待感を示しています。

関連記事(外部サイト)