動きが活発に!双子の赤ちゃんパンダ 上野動物園

 上野動物園で生まれた双子の赤ちゃんパンダの最新映像が公開されました。生後1カ月を迎えた双子の赤ちゃんパンダは、どんどんパンダらしくなっています。



 シンシンのふかふかなおなかの上に抱きかかえられているのは、男の子の赤ちゃんパンダです。元気よく声を上げている姿も見られます。一方、保育器にいる女の子の赤ちゃんパンダは、飼育員にお尻を拭いてもらってスッキリ!飼育員によると、お尻に刺激を与えて便秘にならないようにしているということです。生後1カ月が経ち、赤ちゃんパンダは生まれた頃よりも動きが活発になってきました。

 上野動物園によると、2頭とも健康状態は良好で、雄の赤ちゃんは体重が835グラム、雌の赤ちゃんの体重は1キロを超えました。お母さんのシンシンは、落ち着いた様子で子どもの世話をしていて、生活のリズムができているということです。

関連記事(外部サイト)