東京が“一番暑い街”に… 東京都心で初の猛暑日、八王子では39℃

東京が“一番暑い街”に… 東京都心で初の猛暑日、八王子では39℃

都内で猛暑予想 熱中症注意

 8月10日の東京都心は36.8℃の最高気温を記録して、都心で今年初めての猛暑日となりました。八王子では40℃近くまで上昇し“東京が全国で一番暑い街”となりました。



 都内は朝から容赦なく太陽が照り付け、街では日傘をさす人や、中には少しでも涼を取ろうと日陰に逃げ込む人の姿も見られました。この日、東京都心では最高気温36.8℃を観測し、今年初めての猛暑日となりました。また、都内の他の地域でも練馬で37.9℃、青梅と府中で37.8℃など今年の最高気温を記録しました。さらに八王子では全国で最も高い39.0℃を観測し、東京が全国で一番暑い地域となりました。東京消防庁管内ではこの日、午後3時までに熱中症で40人が病院に搬送され、うち1人が重症だったということです。

 都内各地では11日も35℃以上の猛暑日予想となっていて、東京消防庁や気象庁では冷房を適切に使用したり小まめに水分を補給したりして熱中症を予防する対策を取るよう呼び掛けています。

関連記事(外部サイト)