「奈良県」アンテナ店がリニューアル 東京の新橋で堪能

 東京にいても奈良県の魅力を感じてほしいという思いで作られた東京・港区新橋にあるアンテナショップがリニューアルオープンしました。



 リニューアルオープンした「奈良まほろば館」は、コロナ禍で他県への移動が難しい中「東京都内で奈良県を体感してほしい」という思いで作られた施設です。

 館内にはさまざまな工夫が施されていて、その1つが併設されているレストランです。料理に使われている食材は季節ごとにシェフが選び、奈良県内から直送されます。奈良の名産・ヤマトポークや大和肉鶏を使ったテリーヌと、天理産のキュウリが添えられた一品も味わうことができます。オーナーシェフの川島宙さんは「奈良の季節を感じられる料理を提供していきたい。奈良には寺や神社などいろいろな古い話があるので、そういったストーリーも皿の中で感じてもらえたら」と話しています。店内は内装にもこだわり、奈良の墨を練り込んだ壁や吉野ヒノキを使ったテーブルなどが落ち着いた空間を演出しています。

 また、名産の柿の葉ずしや県産の野菜、漢方や漬物など奈良県ゆかりの商品の販売や、奈良のご当地検定資格を持つ"奈良のスペシャリスト”による観光案内サービスも併設されています。奈良まほろば館の古川義富美館長は「コロナ禍で(夏休みでも)奈良に帰れない人も多くいると思うので、ここに立ち寄って、帰れなくても『奈良らしいな』と思ってもらえるようにしていきたい」と話しています。

 リニューアルに当たってレストランで酒類提供を控えるなど、新型コロナの感染対策をした上で、都内からの来館者を迎え入れます。

関連記事(外部サイト)