百貨店の「デパ地下」で入場制限が開始

 「デパ地下」と呼ばれるデパートの食料品売り場などで感染が相次ぎ、都内の百貨店では、8月14日から食料品売り場への入場制限を始めました。



 8月に入り「デパ地下」や大規模商業施設など幅広い業種でクラスターが発生し、感染拡大は全国に及んでいます。こうしたことから政府の分科会や首都圏の1都3県の知事らから、人出抑制に向けての強い対策が政府に要請されており、これを受け都内の百貨店では14日から、地下食料品売り場への入場制限を始めました。

 その1つ、東京・日本橋の高島屋では、食品売り場へ向かう通路は10箇所ありますが、1カ所に絞られました。

 入場制限と感染対策を強化するために行われる取り組みで、高島屋を代表する中央階段も通行止めに。その他にも、1階から食品売り場へ向かうエスカレーターも通行止めとなりました。

 14日朝はスタッフを増員し、買い物客を入り口へ誘導したり事情を説明をするなど、対応に追われていました。慌しく対応に追われるスタッフの表情には「店内でのクラスターの発生だけは避けたい」との思いがにじみ出ていました。

関連記事(外部サイト)