東京2020パラリンピックへ 特別派遣隊受け入れ式

 東京パラリンピックの警備強化のため、全国から派遣された警察官による「特別派遣部隊」を迎える式典が8月21日、警視庁で行われました。



 式典には、日本全国から派遣された約50人が参加しました。

 大会の警備強化を目的としたこの取り組みには、オリパラ大会期間、約1万1600人の警察官が都内の会場施設などを中心に警戒を行います。

 警視庁は期間中、特別派遣部隊を中核に全体では過去最大級の約3万6500人を動員して警備にあたります。

関連記事(外部サイト)