上野動物園の双子パンダ 音にも反応、じゃれ合う姿も!

 東京・台東区にある上野動物園で生まれ育っているジャイアントパンダの双子の赤ちゃんの最新映像が公開されました。



 新たに公開された映像には、寝ている雌の赤ちゃんにじゃれつきながら元気よく声を上げる雄の赤ちゃんの様子が写っています。2頭の愛くるしい姿は変わりませんが、鳴き声はしっかりとしてきました。上野動物園によりますと、目が見えているかどうかはまだ分からないものの、動物園の職員の話し声や物音に反応してほえたり頭を上げたりすることから「音」は認識している可能性が高いということです。また、雌の赤ちゃんパンダはお母さんのシンシンが場所を移動させても動じません。されるがままの状態で、すっかり安心しきっているようです。

 2頭とも体重が4キロを超えるなど健康状態は良好で、起きている間は動きが活発になり、はうこともできるようになってきたということです。

関連記事(外部サイト)