双子の赤ちゃんパンダ、動きも徐々に活発に 上野動物園

 東京・台東区の上野動物園で育つジャイアントパンダの双子の赤ちゃんは、だんだんと動きも活発になってきました。



 生まれてもうすぐ100日を迎える双子の赤ちゃんパンダは2頭とも体重が5.5キロを超え、歯も徐々に生えてきました。お母さんのシンシンとじゃれ合う雌の赤ちゃんパンダは、お母さんが離れてもゆっくりと一生懸命、お母さんの元に向かいます。体勢を崩して転んでしまうのもまたかわいらしい姿です。

 気になる2頭の名前は9月29日に開かれる「名前候補選考委員会」で検討され、10月中旬以降に発表される予定です。

関連記事(外部サイト)