シャオシャオとレイレイ、仲良くじゃれて背負い投げ!? 上野動物園

双子パンダ映像 背負い投げ?

 東京・台東区上野動物園で生まれた双子のジャイアントパンダの赤ちゃんは名前も決まり、すくすくと成長しています。シャオシャオとレイレイの最新の映像をご覧ください。今回も元気な双子に注目です。



 ころころと仲良くじゃれ合うシャオシャオとレイレイの2頭は、滑りながらも一生懸命前に進もうとしていましたが…いきなりごろんと、勢いよく「背負い投げ」のように転がってしまいました。なんともかわいらしい姿です。

 成長を続ける双子ですが、ぐっと引っ張られたりなめてもらったりと、お母さんのシンシンの前ではまだまだ甘えん坊です。生後118日を迎える双子の体重はおよそ7キロになり、体長はおよそ63センチになりました。日に日に歩けるようになっていますが、まだ目はあまり見えていないということです。また、人の声や物音に慣れる目的で「ラジオを流す」練習も続けています。2頭は、生育状況が整えば2022年1月に公開される予定です。

 また"お姉ちゃん”のシャンシャンの映像も公開されました。双子の赤ちゃんに比べるとかなり大きなシャンシャンは元気に過ごしているということで、この日も竹をぱくぱくと威勢よく食べていました。

関連記事(外部サイト)