東京都がゆかりの選手・メダリストを表彰 「勇気と感動を与えてくれた」

 東京都は10月26日、東京オリンピック・パラリンピックでメダルを獲得した選手らの表彰式を行いました。



 東京都庁で行われた表彰式では、都内に住んでいたり都内で働くなど東京ゆかりのメダリスト92人が表彰されました。小池知事は「かつてない状況の中で努力を重ね、最後まで諦めずに戦い抜いた。その姿は私たちに勇気と感動を与えてくれた」とたたえました。これに対し、柔道男子金メダリストの阿部一二三選手は「東京という場所で自分の夢をかなえられ、本当に良かった」、スポーツクライミング女子銀メダリストの野中生萌選手は「オリンピックという大きな舞台に立ち、結果が残せたことは奇跡。大変うれしく思っている」と話しました。また、大会開催に貢献したとして医療や輸送など39の団体に感謝状が贈られました。

関連記事(外部サイト)