東京都の小池知事 過度の疲労で再び1週間ほど入院し静養

 東京都の小池知事が過度の疲労のため、入院することが明らかになりました。



 東京都は10月27日夜、小池知事が過度の疲労により入院すると発表しました。1週間程度静養するということです。入院している間は武市副知事が代理を務めることとしています。小池知事は6月22日から30日にも過労による静養のため、公務を取りやめて入院していました。この時の知事の静養は、感染拡大が続く新型コロナ対策や開幕目前の東京オリンピックの準備など都政の課題が山積する中、1週間以上にわたりました。

関連記事(外部サイト)