選挙キャンペーン“Go To VOTE”

 衆院選挙当日を前に、渋谷のビル一角ではアートを通じて若い人にも選挙を身近に感じてもらおうというイベントが開かれています。



 このイベントはデザインの力を通して「選挙を身近に感じ投票に行くきっかけ」になってほしいと"Go To VOTE”と題して開催されました。

 会場にはポスターやTシャツなど、約6点のアートグッズが並び、購入希望者は投票用紙似た用紙に欲しいアートグッズを記入し、商品を購入するという仕組み。この購入用紙は実際に選挙で使われるときと同じ材質で同じサイズだということです。

 イベントを企画したイラストレーターの古谷萌さんは、若い人たちが足を向けにくいことだと思う選挙のイメージを変えていきたいと話します。         

 古谷さんは、2022年の参院選に向けても新たな作品を作っていくと意気込みを語っていました。

 ※このイベントは10月30日に終了しています。

関連記事(外部サイト)