「GoToイート食事券」有効期限迫るも… 政府の方針いまだ示されず

 1年前に始まった経済政策の一つ、「GoToイート食事券」の有効期限が12月15日に迫っています。



 「GoToイート食事券」とは、例えば1万円で食事券を購入すれば1万2500円分の食事ができるといったものですが、この食事券の有効期限が12月15日に迫っています。東京では2020年11月20日に食事券(紙・デジタル)が販売され利用開始となりましたが、販売開始直後に緊急事態宣言などが発令され、店舗での食事に使うことができなくなっていました。そのため「2021年3月31日まで」と記載された有効期限は延長され、12月15日まで使えることになっています(11月5日現在)。しかし東京都は11月30日までの「基本的対策徹底期間」中は食事券の利用自粛を求めています。そのため、飲食店への制限は緩和されたものの店舗での食事に使うことはできず、テークアウトとデリバリーでのみ利用可能となっています。しかも、他の業者による配達(ウーバーイーツなど)を利用した場合はこの食事券は使えません。現状、店舗での食事で使おうと思った場合、12月15日までの極めて短い期間に使い切る必要が出てきます。

 有効期限の延長については農林水産省・東京都・Go To Eat Tokyo食事券発行共同事業体の3者で決めることになっています。ところがそれぞれに取材すると「現在調整中」という回答でした。農水省の担当者は「政府の方針が示されていないため、何も言えない状況。11月中旬にまとめる政府の経済対策に盛り込まれるかどうかもまだ分からない」としていて、担当者も相当もどかしい気持ちでいることが感じ取れました。

 GoToイート食事券を持っている人にとっては「使いたくても使えない状態」が1年ほど続く中、政府の早急な方針決定が待たれます。

関連記事(外部サイト)