吉祥寺の道路陥没 ごみ収集車を引き上げ撤去

 東京・吉祥寺で道路の陥没事故が起きてから7日目となる11月8日、穴にはまっていたごみ収集車が引き上げられました。



 武蔵野市吉祥寺本町の道路が陥没した現場では8日未明、大型重機によって穴にはまっていたごみ収集車の撤去作業が行われました。作業はおよそ1時間ほどで終了しましたが、周辺の一部住民には撤去作業について事前に連絡がなかったということです。武蔵野市は連絡できなかった理由について、8日夜に雨が降る予報があったため車両の撤去を急いだためとしています。一方、武蔵野市の松下玲子市長は今後、市民に向けた適切な説明と情報提供を行うとしました。

 市は12日までに道路の陥没箇所を埋め戻した上で通行の再開を目指していて、陥没した原因についても調査を進める方針です。

関連記事(外部サイト)