一足先に冬気分 代々木公園にゲレンデ登場

 東京・渋谷区の代々木公園では、一足早い冬の景色を楽しめるイベントが13日から始まり、子供たちの歓声が響き渡りました。



 代々木公園で開催されているのは、そりでゲレンデを滑ったり、小さな雪山で雪の感触を楽しんだりする「東京雪祭」です。

 ほかにもトランポリンや、ワークショップといった遊べる場所も用意されています。

 このイベントは献血や骨髄ドナーの登録などについて多くの人たちに知ってもらおうと開いたもので、イベントを主催した荒井さんは自分自身が骨髄移植を受けたおかげで命が助かったという経験を持っています。

 荒井さんは「若い人に知ってもらうために、楽しい・面白い・かっこいいといったコンテンツをそろえることによって、人が来て知ってくれて、献血やドナー登録をしてくれると思ったのでこういったイベントを2011年からスタートしました。」とイベントについて話します。

 このイベントは14日も開催していて、プロの選手たちのスノーボード大会や音楽ライブも行われます。

関連記事(外部サイト)