最新おもちゃ発表会 コロナ禍のトレンドは“おうち時間を充実”

 おもちゃ業界最大の需要期となるクリスマス商戦を前に、今年のおもちゃのトレンドが発表されました。「鬼滅の刃」や「すみっこぐらし」といった大人気キャラクターのおもちゃが一堂に会しました。



 発表会には最新トレンドに沿ったえりすぐりのおもちゃおよそ80点が集まりました。大人気アニメ「鬼滅の刃」からは、学習メニューを幅広く収録したタブレット型おもちゃ「全集中パッド」が展示されました。これは国語・算数などの基礎科目からプログラミングまで、楽しく遊びながら学べるおもちゃで、カメラ機能を使ってキャラクターたちとの2ショット撮影を楽しむこともできます。また、糸なしで縫える不思議なミシン「フェルティミシン」は、炭次郎や禰豆子といった鬼滅の刃のキャラクターたちが描かれた専用ワッペンを縫い合わせることで、かわいらしい小物を簡単に作ることができます。

 コロナ禍の世相を反映した商品もあります。おしゃれアイテムの一つとなったマスクを最短10秒でデコレーションできるおもちゃ「マスクにプリント!マスクック」は、豊富なデザインで365日違ったマスクを作っておしゃれを楽しむことができます。また、おうち時間のコミュニケーションを充実させてくれるおもちゃとして、ペットを飼うことができない家庭にもお薦めなのが、声や音に反応してさまざまな動きを披露してくれる最新のペットトイです。他にも、2人で競い合って遊ぶことができるスライド型パズルゲームや、4人で対戦できるオセロといった家族や友達同士で楽しめる定番のボードゲームも進化しています。

 子どもたちにとって待ち遠しいクリスマスですが、おもちゃ業界にとっても1年で最も大きな商戦期に期待しています。日本玩具協会の前田道裕会長は「親が、自分たちの子ども時代に"あのおもちゃでこんなに楽しかったな”という気持ちを、もう一回子どもと感じてほしい」と話し、「『サンタさんが来てくれてうれしい!』と、プレゼントを開けた瞬間の子どもたちの笑顔が何より。おもちゃ業界はそこを使命として世の中に提供していきたい」と話しています。

 "サンタさん”にとっても、ニューノーマル時代の進化を続けるおもちゃは要注目です。

関連記事(外部サイト)