電車内の「刃物&放火」を想定 警視庁と西武鉄道が訓練

 警視庁と鉄道会社が合同で、電車内での切り付けや放火事件を想定した訓練を行いました。



 東京・東村山市の西武園駅で行われた訓練は、犯人が刃物で乗客を襲った上、車内に火を放つという想定で行われ、警視庁と西武鉄道の職員らおよそ40人が参加しました。警察官と駅員は乗客やけが人の避難・誘導、さらには車内の消火活動を行いながら犯人を逮捕するまでの手順を確認しました。また、ホームのない場所に電車が緊急停車した想定での避難誘導といった訓練も行われました。

 小平警察署の田中勇署長は「電車内という狭い空間でどのように犯人を制圧・逮捕するか、被害者を誘導するかに課題がある。今後、検証してさらに実効性を上げたい」と語りました。

関連記事(外部サイト)