まだ会えるね パンダのシャンシャン、返還が6月末まで再延期

 東京・台東区にある上野動物園のジャイアントパンダ・シャンシャンの中国への“返還”が2022年6月末まで延長されました。これは3回目の延期となります。パンダファンにとってはうれしいニュースとなりそうです。



 パンダのシャンシャンは上野動物園で2017年に生まれて以来多くの人に親しまれてきましたが、所有権がある中国と東京都との取り決めで2020年末に返還される予定でした。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、これまでに2度の延期が行われ、2021年12月末までに返還されることになっていました。

 東京都は3度目の延期となった理由について、新型コロナの影響で中国と日本の専門家の行き来が難しくなったことを挙げています。

関連記事(外部サイト)