私立大の不祥事相次ぎ… 文科省の有識者会議が会見「執行と監視の分離」訴え

 文部科学省の有識者会議は12月13日、文部科学省に報告書を提出したことを受けて記者会見を開きました。



 「学校法人ガバナンス改革会議」は私立大学で不祥事が相次いだことを受け、ガバナンスの強化策を検討してきた文部科学省の有識者会議です。提出された報告書では、経営を担う理事会とその理事会を監視する立場の評議員会について言及しました。これは大学で評議員の半数が理事と兼任している現状を問題視し、「執行と監視監督の分離」が必要と訴えました。ガバナンス改革会議は「評議員会を現職の教職員以外でつくる組織に変えるよう」求めています。しかし、報告書の作成に当たっては私立大学から反発が相次いでいました。

関連記事(外部サイト)