まさにスポーツ!全国の高校生が墨田区に集結し、ごみ拾い

 全国の高校生が東京都・墨田区に集い、街で拾ったごみの量を競うユニークなごみ拾い大会が開かれました。



 「スポゴミ甲子園」は、日本財団が進める「海と日本プロジェクト」の一環として行われたもので、12月26日は30道府県から、各地の予選を勝ち抜くなどした31チームの高校生たちが墨田区に集いました。

 大会のルールは、3人1組のチームで墨田区全域を範囲として街を歩き、1時間の制限時間内に集めたごみの量などを競うものです。

 その素早い動きは、まさにスポーツ!1つでも多くのごみを拾うため、3人が連携し、次々と集めていきます。そして集めたごみを持ち帰り、ペットボトルや缶など種類別に計測。その結果、優勝したのは愛媛県のチームでした。26日の大会を通して、31チームで合わせて190キロのごみが回収されたということです。

関連記事(外部サイト)