大みそかの渋谷カウントダウン

 年越しを楽しもうという若者らで都心の繁華街では密状態が生まれ、警視庁が一時、通行を規制しました。



 例年行われていた東京都渋谷駅前のカウントダウンイベントは2年連続、新型コロナウイルス感染拡大の影響で渋谷区が中止を決めましたが、駅前には多くの若者や外国人が集まりました。

 現場では警察官が一時的に通行を制限したほか、多くの警備員が見回りを行うなど警戒に当たりました。

 そして年越しを迎えると集まった人たちは、スマートフォンで撮影したりスクランブル交差点でハイタッチする姿などが見られました。

関連記事(外部サイト)