東京都、オミクロン株の全員入院を見直し 軽症・無症状は原則「宿泊療養」に

 東京都の小池知事は1月7日夜、報道陣の取材に応じ、新型コロナウイルスの新たな変異株・オミクロン株の感染者について、軽症や無症状であれば原則として宿泊療養とすると発表しました。



 また、都立学校の修学旅行は延期または中止を検討するよう求め、入学試験については追試験など柔軟に対応する考えを示しました。

詳しくは動画をご覧ください。

関連記事(外部サイト)