一日署長「おいでやすこが」 適正な110番通報を呼び掛け(警視庁)

 1月10日は、語呂合わせで「110番の日」です。この日、新宿警察署の一日警察署長となった、お笑いコンビ「おいでやすこが」の2人が、110番通報の適正な利用を呼び掛けました。



 警察官の制服に身を包んでパトカーからさっそうと降りてきたのは「おいでやすこが」の2人です。新宿警察署の一日警察署長となった2人は、実際にあった緊急性が低い110番通報を紹介し、110番通報の適正な利用を訴えました。「家の中にゴキブリがいた」という110番通報があったこと聞いたおいでやす小田さんは「これでパトカー呼んだらゴキブリもびっくりするわ!」と驚いていました。新宿警察署の管内では、このような緊急性の低い電話が年間およそ1万4000件かかってくるということです。

 警視庁は、110番通報は事件や事故など緊急時に警察に通報するためのもので、悩みや心配に関しては警察相談ダイヤル♯9110を利用するよう呼び掛けています。

関連記事(外部サイト)